ドコモはニンテンドー3DSテクノロジーを古いままにする3D画面を準備します

3Dテクノロジーはスープに任されており、任天堂とその3DSがこのメディア機能のおかげで過去のE3の主役であったビデオゲーム市場の場合と同様に、可能な限り、または興味を持っています。

シャープが開発したニンテンドーコンソールの3D画面は、非常に良い印象を与えましたが、画面に対して縦横が完全に揃っていないと、3D効果が消えることに誰もが同意しました。今日、私たちはドコモの日本人がシャープの開発を古くすることができる新しい技術に取り組んでいることを学びました。デモビデオを見てみましょう:

DoCoMoソリューションも最初は小型デバイスを対象としており、3D効果を実現するためにメガネを使用する必要はありません。シャープなスクリーンに関する改善として、8つのレンチキュラーレンズを使用しているため、水平方向の3D視野角が大きくなり、30度と表示されます。

垂直的には、効果を達成するために引き続き適切に調整する必要がありますが、ドコモもこの点で改善に取り組んでいますが、難しいのはそれを達成するだけでなく、手頃な方法で生産する必要もあります。

来年(せいぜい2年程度)で初めてこの技術を利用する機器が登場し、日本の電話事業者のことを考えれば、新しい能力の携帯電話が見つかるかもしれません。パネルはセイコーエプソンと共同開発する。

携帯電話で可能な使用により多くの価値を与える好奇心として、私が共有するビデオで見ることができるデモは、Nexus OneまたはNexus 1で見つけることができる1GHzでQualcomm Snapdragonハードウェアでスムーズに実行されます HTC いくつかの例を示すHD2。

ドコモがレンチキュラー技術に賭ける

メガネなしで3D画像を表示するには、バリアパララックスと呼ばれるシャープが使用する方法と、ドコモが使用するレンチキュラー技術を使用する方法の2つの方法があります。

視差を使用すると、メガネで行われるフィルタリングが画面上のマテリアルレイヤーに置き換わります。これにより、スリットを通して、各目が一連の異なるピクセルを見ることができます。悪い点として、このテクノロジーは明るさを大幅に失います。

リングの反対側にはレンチキュラー技術があり、製造はより高価で複雑であり、明るさの問題はありません。それは小さなレンズを整理し、画像を屈折させて左右に別々に送ることに基づいています。このように、画像は見る場所に応じてわずかに変化します。

プレゼンテーションに示されている画面は2.57インチで、解像度は1,024×768ピクセルです。8つの異なる視点(8つのレンズ)があることを考慮すると、実際の解像度は320×240ピクセルになります。

ニンテンドー3DSに存在するソリューション(バリアパララックスについて知っている最初の重要な実用例)とは対照的に、DoCoMoオプションは2D画像を表示できないため、常に3D効果を示しています。 3D画像を長時間表示するとめまいが発生したり、不快に感じたりすることが示されていることを考慮に入れると、現時点では接続を切断できないため、商業的な視野が狭くなる可能性があります。

共有 none:  私たちの選択 分析 理科 

興味深い記事

add
close