ノキア、ガジェットから水をはじくナノ粒子を開発

ラストノキアワールドが開催されたロンドンエクセルコンベンションセンターの最上階には、紛れもないクロワッサンの形をした奇妙な白いテントがあります。カラトラバにふさわしい建築ペストリーのこの例の中には、フィンランド人が最新の技術開発を隠した場所がありました。

これらの開発の最初のものは、疎水性ナノコーティングと呼ばれています。構造内に空気を保持できる携帯電話用のナノ粒子カバーです。その効果は、実用的なレベルでは、最近のモトローラレイザーのスプラッシュガードがすでに望んでいる方法で積極的に水をはじくということです。

この技術を実証するために、ノキアの少年たちはあなたが写真で見る小屋を設置しました。上部には、4本のワイヤーで吊るされたNokia 700があります。彼らがこの端子を選択したのは、このナノ粒子層の予備バージョンを組み込むのが最初だからです。

ターミナルのすぐ下に、高速カメラの前に最新バージョンの疎水性Nancoatingで処理されたガラスがあります。ノキアの技術者が電話に水滴を落とし、電話がガラスから跳ね返るように滑り落ちました。

このビデオで結果を見ることができます。水は電話で多少とも正常にスライドし、水滴がガラスに落ちるとき、水が広がるのではなく、再び集中して水面から跳ね返ります。 Nokiaは、このカバレッジを少しずつ端末に組み込む予定です。

詳細情報|ノキア
ビデオ| GSMArena

共有 none:  分析 エンターテインメント 理科 

興味深い記事

add